建設業労働災害防止協会 富山県支部

令和6年度「建設業における熱中症予防指導員・管理者研修」

実施月 実施月日
予約開始日 CPDS
定員 講習会場
学 科
6月度 6月7日(金) 3月1日(金) 申請予定 50 建災防技能研修センター
  • 申込みの際、この講習会では写真は必要ありません。
  • 講習は予約専用ページにおいて、定員を管理しています。
    希望される講習の「予約開始日」の10時より予約専用ページにおいて予約の受付けを開始します。
    予約を取られた後、窓口に提出が必要な物などについては、後記6をご確認ください。
  • 予約を取る場合は、本サイトの各ページ右に「講習申込」タグがあります。クリックすると予約専用ページに移動します。なお、予約前に案内をご確認ください。

1.目的・内容

 

 近年、気候変動等の影響により、熱中症による救急搬送人員数や死亡者数は増加傾向にあり、職場における熱中症発生も高止まりしておりますが、業種別の熱中症による死傷者数は、建設業が最も多くなっています。
 建設業は、作業者が高温多湿な場所で作業に従事することが多く、管理者による適切な作業管理が不可欠であり、これら管理者に対する教育の実施も極めて重要となっております。
 こうした中、厚生労働省では、平成28年2月29日付け基安発0229第1号「平成28年職場における熱中症予防対策の重点的な実施について」において、作業を管理する者に対する労働衛生教育の具体的な内容を示し、令和3年4月20日付け基発0420第1号「職場における熱中症予防基本対策要綱の策定について」において、これら労働衛生教育の徹底を改めて求めています。 本研修は、上記厚生労働省通達等を踏まえ、管理者に対し、建設現場での熱中症予防のために必要な知識等を付与することを目的としています。

2.教育の対象者

 衛生管理者、労働衛生コンサルタント、店社スタッフ、施工管理者及び職長安全衛生責任者で熱中症予防のための指導・教育を行う者

3.教 育 内 容

  • 次の講習科目を所定時間受講後、修了証を交付します。
    受講時に遅刻、中抜けや受講辞退等により受講時間数が不足した場合、修了証は交付できません。
  時 間 教  育  内  容
学科 13時00分~13時10分 オリエンテーション
13時10分~13時40分 熱中症の症状
13時50分~15時50分 熱中症の予防方法
熱中症対策用品等の取扱い方法等
16時00分~17時00分 緊急時の救急対策
熱中症の事例
関係法令

.受講料及びテキスト代

  • 記載されている金額は消費税を含んだ金額となります。
  • 受講料にテキスト代は含んでいません。また、テキスト代に受講料は含んでいません。
  • 会員とは、建設業労働災害防止協会富山県支部の1号会員を指します。
    会員に該当しない方は一般となります。

受講料

  受 講 料
会 員 5,940円
一 般 6,985円

テキスト代

  テキスト代 使用テキスト
会 員 1,760円 「建設業における熱中症予防(指導員用)」(建設業労働災害防止協会発行)
「建設現場で熱中症を防ぐために」(建設業労働災害防止協会発行)
一 般 2,365円

5.受講時に必要なもの

 受付整理票、筆記用具、テキスト

  • 昼食は準備していませんので、各自、ご準備ください。
  • テキストを購入された方には、講習初日にお渡しします。

6.予約後、受講申込み時に必要な物

ネット予約後、手続きを行う窓口に次の物をご提出ください。
この教育では写真の提出は不要です。

①予約完了メールを印刷した物又は「予約完了画面」を掲示ください。

予約後、指定メールアドレスに届いた「予約完了メール」を印刷した物を申込書に付けてください。
印刷ができない方は「予約完了画面」を提示ください。

②安全衛生教育受講申込書

建設業労働災害防止協会富山県支部の所定の申込書をご使用ください。
申込書は「講習の申し込み方法」からダウンロードできます。

③受 講 料

④テキスト代

7.申込み後のキャンセルについて

 申込み後、受講のキャンセルをされる場合は、講習開始の直前営業日から起算して3営業日(営業終了時刻(17時00分))以前までにご連絡ください。理由に関係なく返金いたします。
 上記の後に連絡があった場合は、理由の如何にかかわらず返金対応はできません。なお、テキストを購入されている場合は、テキストを送付いたします。

「申込み後のキャンセルについて」の詳細はこちらをご確認ください。

受講のお申し込み

講習申込
ページトップ