建設業労働災害防止協会 富山県支部

3日間コース「車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習」

当協会は富山労働局長登録教習機関です
 登録番号:富車建第5号
 登録期間満了日:平成36年3月30日(2024年3月30日)

  • このページは実技講習科目「走行の操作」が免除される方に対する案内です。
実施月 実施月日 定員 受付開始日 講習会場 助成
対象
学 科 コース 実 技
4月度 4/19(月)~20(火) Aコース 4/21(水) 6 3/ 1(月) 建災防技能研修センター
Bコース 4/22(木) 6
6月度 6/28(月)~29(火) Aコース 6/30(水) 6 3/ 1(月)
Bコース 7/1(木) 6
8月度 8/30(月)~31(火) Aコース 9/1(水) 6 6/ 1(火)
Bコース 9/2(水) 6
9月度 9/27(月)~28(火) Aコース 9/29(水) 6 6/ 1(火)
Bコース 9/30(木) 6
10月度 10/25(月)~26(火) Aコース 10/27(水) 6 9/ 1(水)
Bコース 10/28(木) 6

1.対象業務

 「機体重量の3トン以上の車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)で、動力を用い、かつ、不特定の場所に自走することができるものの運転(道路上を走行させる運転を除く。)の業務(労働安全衛生法施行令第20条第12項)」については、「車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習」を修了した者等、法定の資格が必要です。(労働安全衛生法第61条第1項)

  • この講習は、当該業務のための資格であり、道路上を走行する場合には道路交通法で定める大型特殊自動車免許が必要です。
  • 自動車の種類(道路交通法及び道路運送車両法)リンク先:一般社団法人自動車検査登録情報協会
  • 除雪作業を行う際には、大型特殊自動車免許だけではなく、技能講習(機体重量3トン以上)もしくは、特別教育(機体重量3トン未満)を修了した者等でなければ当該作業を行うことができません。
    機体重量は機体に記載してあります。また、リースする場合には、リース先にお問い合わせください。
  • この講習は実技講習を屋外で行うため、冬期は実施しません。
  • 移動式クレーン仕様の油圧ショベル(バックホウ)を用い、荷の運搬を行なう場合には「小型移動式クレーン運転技能講習」等が必要となります。

移動式クレーンの運転の業務に必要な資格

機 体 重 量
3トン以上 3トン未満
  • 車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習を修了した者
  • 建設機械施工技術検定の1級に合格した者で、実地試験においてトラクター系建設機械操作施工法若しくはショベル系建設系機械操作施工法を選択した者又は2級の技術検定で昭和48年建設省告示第860号に定められた第1種から第3種までの種別に該当する者に合格した者
  • 能開法に基づく普通職業訓練のうち、建設機械運転科の訓練(通信の方法によって行うものを除く。)を修了した者
  • 厚生労働大臣が定める者
  • 車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習を修了した者
  • 建設機械施工技術検定の1級に合格した者で、実地試験においてトラクター系建設機械操作施工法若しくはショベル系建設系機械操作施工法を選択した者又は2級の技術検定で昭和48年建設省告示第860号に定められた第1種から第3種までの種別に該当するものに合格した者
  • 能開法に基づく普通職業訓練のうち、建設機械運転科の訓練(通信の方法によって行うものを除く。)を修了した者
  • 厚生労働大臣が定める者
  • 小型車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の運転の業務に係る特別教育を修了した者

2.技能講習の対象となる機種

 機体重量が3トン以上の下記の機種

  • トラクター・ショベルとは覆帯式のもの又はタイヤ式で全四輪駆動のものをいい、いわゆるショベルローダーといわれるものは、前輪または後輪の二輪駆動のショベルローダーについては「ショベルローダー等運転技能講習」を修了した者等が就業することができます。

3.受講対象者

「5-講習科目の一部免除」の区分(イ)、(ロ)、(ハ)のうちいずれかに該当し、免除申請をされる方

4.講習科目

 初 日   (学科)8:45~17:20
 2日目   (学科)9:00~17:30
 3日目以降 (実技)8:00~16:10

  • 3日目は申込みされたコースの月日です。
  • 3日目は実技講習及び実技修了試験を実施しますが、実技修了試験が受講者の技能により要する時間が異なりますので、終了時刻は前後します。
  • このページは実技講習科目「走行の操作」が免除となる方の案内ページです。下の講習科目に「走行の操作」の記載はしていません。
    講習科目 時間数 一部免除区分
学科 初日 運転に必要な一般的事項に関する知識 3時間 免除    
走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識 4時間 免除 免除  
2日目 作業に関する装置の構造、取り扱い及び作業方法に関する知識 5時間      
関 係 法 令 1時間 免除    
学 科 修 了 試 験        
実技 3日目 作業のための装置の操作 5時間      
実 技 修 了 試 験        

5.講習科目の一部免除

区分 受講科目の免除を受けることができる者 免除される科目
(イ) 建設業法施行令(昭和31年政令第273号)第34条に規定する建設機械施工管理技術検定のうち、1級の技術検定に合格した者で第2次検定においてトラクター系建設機械操作施工法若しくはショベル系建設機械操作施工法を選択しなかった者又は2級の技術検定で建設機械施工管理について種別を定める等の件(令和3年国土交通省告示第102号)に定められた第4種から第6種までの種別に該当するものに合格した者
  • 運転に必要な一般的事項に関する知識
  • 走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識
  • 関係法令
  • 走行の操作
(ロ)
  1. 大型特殊自動車免許(☆)を有する者
  2. 大型自動車免許、中型自動車免許、準中型自動車免許又は普通自動車免許(☆)を有し、かつ、次のA又はB若しくはCの特別教育修了後、その業務に3ヶ月以上従事した経験を有する者
    A 機体重量が3トン未満の小型車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の運転の業務
    B 機体重量が3トン未満の小型車両系建設機械(解体用)の運転の業務
    C 最大積載量が1トン未満の不整地運搬車の運転の業務
  3. 不整地運搬車運転技能講習を修了した者
  • 走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識
  • 走行の操作
(ハ) 次のa又はb若しくはcの特別教育修了後、その業務に6ヶ月以上従事した経験を有する者
a 機体重量が3トン未満の小型車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の運転の業務
b 機体重量が3トン未満の小型車両系建設機械(解体用)の運転の業務
c 最大積載量が1トン未満の不整地運搬車の運転の業務
  • 走行の操作

☆ 自動車免許証については、第一種免許の他、第二種免許も含みます。
なお、免許を失効・返納した方及び免許停止期間中の方、免許取得中の方は免除申請できません。
「大型特殊自動車免許」取得中の方などにつきましては、免許証の交付を受けた後、受講申込みを行なってください。

6.受講料及びテキスト代

  • 記載されている金額は消費税を含んだ金額となります。
  • 受講料にテキスト代は含んでいません。また、テキスト代に受講料は含んでいません。

受 講 料

区  分 受 講 料
「5.講習科目の一部免除」の区分(イ)に該当し、免除申請をされる方 33,000円
「5.講習科目の一部免除」の区分(ロ)に該当し、免除申請をされる方 37,400円
「5.講習科目の一部免除」の区分(ハ)に該当し、免除申請をされる方 37,400円

テキスト代

  テキスト代 使用テキスト
会 員 1,340円 「車両系建設機械運転者教本(整地・運搬・積込み用及び掘削用)」
(建設業労働災害防止協会発行)
非会員 1,680円
  • 1号会員とは、事業場単位などで加入されている会社を指します。
    組合で加入している場合は2号会員となります。

注意:
講習をキャンセルされる場合は、講習開始の前営業日までにご連絡をお願いいたします。事前にキャンセルの旨ご連絡をいただいた場合は、受講料等を返金致します。
講習日当日、欠席された場合、受講料・テキスト代は返還いたしませんのでご了承ください。
また、講習当日又は講習開始後、キャンセルの連絡があった場合もキャンセルではなく、欠席となります。
申し込み後、受講できなくなった時や代わりの方が受講される場合は、講習日の前営業日までに必ずご連絡ください。

7.受講時に必要なもの

学科講習時

 受付整理票、筆記用具
 「テキスト」について・・・購入された方には講習初日にお渡しします。

実技講習時

 受付整理票、実技に適した作業衣、安全靴安全帽(保護帽)

  • 実技講習は屋外で行います。天候により、雨具(雨合羽)や防寒着をご準備ください。
  • 昼食は準備していませんので、各自ご準備ください。

受講のお申し込み

講習申込
ページトップ